メガネ先生の日記

青森のグルメ、イベント情報と看護師のプチ情報。

館鼻岸壁朝市で八戸の懐かしの味探し

〈青森県八戸市:館鼻岸壁〉
館鼻岸壁朝市に行って、八戸の懐かしの味を探して来ました。

1つ目は くじら汁
八戸では30年くらい前の学校給食で時々出てたメニューですね。学校給食は確か白味噌だったと思うけど、このお店のクジラ汁は赤味噌でした。約30年ぶりに食べると、クジラの脂身感が強く感じましたが、食感は懐かしの食感でした。


2つ目は せんべいの天ぷら
せんべいの天ぷらはお盆にばあちゃんの家に行くと必ず出された思い出の料理。
水に潜らせた白せんべいに衣を付けて揚げただけの超シンプル料理。
これも約30年ぶりくらいに食べると、薄い塩味とびっしょりと吸収した油の味。健康が心配になるけど、懐かし味でした。


3つ目は 柔らかいせんべいのみみ
せんべいと言えばパリパリするものですが、八戸ではせんべい汁、せんべいの天ぷら、せんべいおこわなど、せんべいを使って料理をして、ふにゃふにゃの状態で食べることが結構あります。
この柔らかいせんべいのみみは、料理して柔らかくなった訳ではなく、初めから柔らかいせんべいのみみです。それこそ、人の耳たぶくらいの弾力です。屋台村ではバター醤油で炒めて、おつまみとして出すお店もあります。


朝市では忘れ去られた食文化や味を提供してくれてるんですよね。感謝、感謝です。


スポンサーリンク





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村