青森県内にある3つの星野リゾートに泊まって、違いを比較してみました。

今回は青森県にある星野リゾート青森屋、星野リゾート奥入瀬渓流ホテル、星野リゾート界津軽の3つのホテルに泊まって色んなところを比較してみました。

※あくまでも個人的なランキングです。ホテルに求めるものや価値観はそれぞれ違うので、参考程度で見て下さい。

各ホテルに泊まっての感想
星野リゾート青森屋
クリックすると星野リゾート青森屋に宿泊した時のブログが見れます。
   ↓
青森県三沢市/【宿グルメ】宿泊者専用のサウナが4月に新設された星野リゾート 青森屋さんに宿泊して来ました。 - メガネ先生の日記(青森グルメ)


星野リゾート奥入瀬渓流ホテル
クリックすると星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに宿泊した時のブログが見れます。
   ↓
青森県十和田市/【宿グルメ】新緑の奥入瀬渓流を散策した後は星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに宿泊! - メガネ先生の日記(青森グルメ)

星野リゾート界津軽
クリックすると星野リゾート界津軽に宿泊した時のブログが見れます。
   ↓
青森県大鰐町/【宿グルメ】星野リゾート界 津軽さんで大人の時間を過ごして来ました。 - メガネ先生の日記(青森グルメ)


夕食編
夕食は子供連れであればバイキングは凄くいいと思いますが、大人だけの宿泊であれば界津軽の会席料理がオススメです。界津軽では半個室で周りの目も気にしなくていいのも良かったです。
1位.星野リゾート界津軽

2位.星野リゾート青森屋

3位.星野リゾート奥入瀬渓流ホテル


お酒編
3つの星野リゾートの中で飲み放題(ビールのみの飲み放題)があるのは青森屋だけです。ビールの飲み放題はセルフなので並ばなくていい所が良かったです。
界津軽はお酒のメニューが豊富でしたが、サワー系が無いのが残念でした。しかし、界津軽ではアルコールを注文すると店員さんが席まで持って来てくれます。
奥入瀬渓流ホテルではお酒の値段が高いのと1回づつアルコールの窓口に注文しに行き、混んでいると待たなきゃないです。
1位.星野リゾート青森屋

2.位.星野リゾート界津軽

3位.星野リゾート奥入瀬渓流


朝食編
界津軽さんは朝食も1人づつ食事が準備されます。
青森屋、奥入瀬渓流ホテルでは朝から海鮮が食べられたり、ライブキッチンで出来たてを食べれる美味しさもあるので、どちらも2位としました。
1位.星野リゾート界津軽

2位.星野リゾート青森屋

2位.星野リゾート奥入瀬渓流ホテル


お風呂編
お風呂は泉質など好みはあると思いますが、青森屋がダントツで良かったです。
温泉に入ると肌がツルッツルになるのが実感できます。青森屋にはサウナもあるんです。
奥入瀬渓流ホテルは自然に囲まれた露天風呂がありますが、宿泊者数が多い分静かに入れない感がありました。界津軽は界が温泉ブランドのイメージが強かった分、何かに特化した温泉を期待したためか、何か寂しかったですね。
※写真は公式ホームページより
1位.星野リゾート青森屋

2位.星野リゾート奥入瀬渓流

3位.星野リゾート界津軽


お部屋と料金
料金に関しては部屋のランクや30日前予約などで変動します。
今回は1名1室で宿泊した時の料金になります。
何となく、星野リゾートは2名1室が安い気がします。1人旅には割高な気がします。
1位.星野リゾート青森屋
あずまし半露天風呂付き(30日前優待)
34850円

2位.星野リゾート奥入瀬渓流ホテル
渓流和室スタンダードプラン
43100円

3位.星野リゾート界津軽
津軽こぎんの間
41140円


ホテルの雰囲気
ホテルそれぞれが違う雰囲気を持っていて、青森屋はお祭りや賑わい。奥入瀬渓流ホテルは自然と苔。界津軽は温泉と大人な静けさ。の印象です。
界津軽では池の周りに椅子とテーブルが設置されていて、虫たちの鳴き声を聞きながら読書をしている方など大人な雰囲気でした。
奥入瀬渓流ホテルや青森屋は小さい子供から年配の方、海外の団体客など賑やか雰囲気が好きな方にはオススメです。
1位.星野リゾート界津軽

2位.星野リゾート奥入瀬渓流

3位.星野リゾート青森屋


青森県内でも高級ホテルにランク付けされる星野リゾートですが、お得に泊まるには星野リゾートの公式ホームページから予約した方がお得なプランが見つかる場合があります。


ランキングアップの為に無料応援のクリックをお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸市情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村