メガネ先生の日記

青森のグルメ、イベント情報と看護師のプチ情報。

水産会社が経営する八戸の定食屋『和こ』

今日のランチは湊にある和こに来ました。朝6:30から開店しているお店です。

 

朝早くから開店しているため、フェリーなどで早い時間に八戸に着いた旅行客にも人気のあるお店です。

 

和こ水産会社が経営しているため、メニューは刺身、焼き、フライなど季節の魚介類を安くおいしく食べれます。

 

ここの名物は魚介類だけじゃないんです。ここの名物は厚焼きたまごです。なので、厚焼きたまごと刺身のセットや厚焼きたまごとから揚げのセットもあります。

 

今日はお昼ご飯を食べに来たけど、何を食べようか迷い中!

 

お店の前に置いてあるランチメニューの看板を見ると、生うにの文字があります。

 

生うにとホタテの2色丼で1300円は安い!

 

でも、ここの日替わりランチを食べたことがないので、ランチも食べたい。悩みながら店内に入ると、日替わりランチはアジフライランチとのことで‥。

f:id:megane4649:20190610132121j:image

f:id:megane4649:20190610132134j:image

今日は贅沢にウニ、ホタテ丼1300円を注文

f:id:megane4649:20190610132227j:image

ん?イメージしていた丼ぶりよりかなり小さい!でも、生うにがかなりおいしそうです。甘みもあり、ミョウバン臭さもなく、間違いなく本物のうにです。

 

やっぱり、三陸のうには最高ですよね。

 

八戸から1時間くらいのところにある洋野町では「洋野うに牧場が」と言われる養殖場を作り、うにの餌になる海藻の管理をすることで身がぎっしり入ったうにが育つのです。

 

ここの洋野うに牧場のうには満点☆青空レストランが取材がきて、ムラサキうにの紹介をしていました。

 

 

ホタテも甘みがあり、貝柱のいい触感が味わえて美味しい。

 

ホタテといえば青森陸奥湾ホタテが有名ですよね。日本海と太平洋のプランクトン津軽海峡を通って、陸奥湾に流れ込むため、陸奥湾は餌が豊富で、豊かな漁場になっています。

 

また、陸奥湾は周囲を山に囲まれている、年間を通して穏やか海のため、ホタテの養殖が盛んになりました。

 

青森は白神山地半島全体が国定公園に指定されている下北半島があるため、海からだけではなく、山からも雨水と一緒に栄養が海に流れているため、おいしいホタテになるんです。

青森県ラブなので、美味しいものを食べたら、ついつい青森の特産・名産を宣伝したくなってしまいます。(笑)

 

今年初ウニをおいしく頂くことができてよかったです。

 

今度は名物の厚焼きたまごを食べに来てみよう。単品であったら、食べたい定食と一緒に頼めるけど、厚焼きたまごの単品はなくセットだけのようです。

 

今日もおいしいランチをご馳走様でした。

 

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村