メガネ先生の日記

青森のグルメ、イベント情報と看護師のプチ情報。

ウニとミョウバンの関係

ウニの美味しい時期にわざわざ保存料の入った

ウニを食べるのは損!

美味しいうにを食べるにはどうするといいの?


まず、ウニには2種類

白ウニ・・キタムラサキウニ

赤ウニ・・バフンウニ

値段はバフンウニの方が高く高価です。

生ウニの出荷も2種類

板ウニ・・ミョウバン入り

塩水ウニ・・ミョウバン不使用


ミョウバンの効果とデメリット

ミョウバンはウニの身が溶けるのを防ぐ凝固剤

の効果があります。また、ミョウバンはナスの

漬物の色鮮やかなにするためににも使われてい

ます。

ミョウバンを使ったウニは本来の甘みが無くな

ったり、最後に苦味がするなど味の低下につな

がります。


ミョウバンだけが味を下げるものではない。

今はチリ産のウニなどが塩ウニなどになって、

流通してますが、やっぱり国産のウニを旬に食

べるのが一番美味しい。


回転寿司のウニは?

ミョウバンは使ってなくても、最後に苦味がく

るけど、コレは何に由来してるのかな?

ウニについて書いてきたけど、読者で答えを知

ってる人は教えて下さいね!


美味しいウニを食べるには殻付きウニを買っ

て、家で剥くのが一番。水道水をかけるとウニ

は溶けてしまうので、海水濃度の塩水を作って

身を優しく振ってあげて下さいね。


スポンサーリンク


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村